愛チャンピオンS2017出走馬ガイド

2pt   2017-09-07 22:09
Nathanielの競馬ブログ

8bc4d61a.png













【馬名】チャーチル Churchill 3牡
【厩舎】Aidan P O'brien(愛国)
【血統】父ガリレオ 母父ストームキャット
【オッズ】2,0倍
【主な実績】
(16年)デューハストS1着、ナショナルS1着
(17年)英・愛2000ギニー1着、インターナショナルS2着

通算成績9戦6勝、GI4勝。
英愛2000ギニーを盤石の内容で優勝。
セントジェームズパレスSで、先着経験のある馬相手に4着。
初の中距離となったインターナショナルSで、
バーニーロイには先着も、ユリシーズから2馬身差の2着に屈した。
オブライエン厩舎は、ウィンターを取り消し、
本馬をエース格とした3頭出し。
英2000ギニーで下したエミネントを相手に、
何としても手に入れたいタイトル。


【馬名】エミネント Eminent 3牡
【厩舎】Martyn Meade(英国)
【血統】父フランケル 母父キングマンボ
【オッズ】4,5倍
【主な実績】
(17年)ギュームドルナーノ賞(G2)1着、エプソムダービー4着、
    2000ギニー6着、クレイヴンS(G3)1着

エプソムダービーで僅差の4着の後、
エクリプスSでは決定的な不利を受け5着。
しかし、次走の仏G2・ギュームドルナーノ賞で、
ムーア騎手を背に思い切った逃げ戦法に活路を見出し、
3馬身差完勝を飾った。
初騎乗のデットーリ騎手で、ムーア騎手との対決に大いに注目が集まる。
勝てば父フランケルにとっても、産駒の欧州GI初制覇となる。

参考記事:エミネント・凱旋門賞を狙うフランケル産駒


【馬名】ポエツワード Poet's Word 4牡
【厩舎】Sir Michael Stoute(英国)
【血統】父ポエツヴォイス 母父ナシュワン
【オッズ】9,0倍
【主な実績】
(17年)グロリアスS(G3)1着

前走グロリアスSは、15年ベルリン大賞勝ち馬セカンドステップ
1馬身半差で重賞初勝利。
昨年7月以降、5戦3勝・2着2回と、高い次元で成績が安定している。
ポエツヴォイスは、ドバウィ産駒で10年英クイーンエリザベスS勝ち馬。



【馬名】クリスフオブモハー Cliffs Of Moher 3牡
【厩舎】Aidan P O'brien(愛国)
【血統】父ガリレオ 母父ダンシリ
【オッズ】11,0倍
【主な実績】
(17年)エプソムダービー2着、エクリプスS4着、インターナショナルS4着

エプソムダービーは、後方追い込みから抜け出し、
勝利をほぼ手中にしたかと思われたが、
同厩舎のウイングスオブイーグルスの強襲に遭い、3/4馬身差の2着。
ここ2戦は、上位争いに加われずも、
ダービー後にオブライエン師が
「これから先、伸びる馬」と評していた馬。
ここで大駆けがあっても、不思議ではない。


【馬名】サクセスデイズ Success Days 5牡
【厩舎】K J Kondon(愛国)
【血統】父ジェレミー 母父ロイギロンド
【オッズ】13,0倍
【主な実績】
(17年)ヨークS(G2)1着、タタソールズゴールドカップ1着
(16年)タタソールズゴールドカップ3着、ロイヤルウィップS(G3)1着

前走ヨークSは、フォワ賞に出走する
モンディアリストと競り合い、ハナ差の1着。
昨年の愛チャンピオンSは11着大敗も、
昨年は愛国史上最高と謳われるメンバーだっただけに、
致仕方なしの結果か。
鞍上は昨年、日本で京成杯を勝っているフォーリー騎手。


【馬名】デコレーテッドナイト Decorated Knight 5牡
【厩舎】Roger Chalton(英国)
【血統】父ガリレオ 母父ストームキャット
【オッズ】17,0倍
【主な実績】
(17年)インターナショナルS5着、エクリプスS6着、
    プリンスオブウェールズS2着、タタソールズゴールドカップ1着、
    ドバイターフ6着、ジェベルハッタ2着

昨年7月に重賞初制覇を飾ると、休養を経て本格化。
今春はGI2勝・2着1回と、一気に力をつけた。
しかし、今年GI6戦目と、上がり目は薄い印象も…。
祖母マライアズストームは、
致命的な故障を乗り越え、米国で重賞5勝を上げた名牝。
産駒に種牡馬ジャイアンツコーズウェイ
半妹に日本で重賞を勝ったエアザイオンがいる。



【馬名】チューコヴァ Zhukova 5牡
【厩舎】Delmot K Weld(愛国)
【血統】父ファストネットロック 母父ガリレオ
【オッズ】21,0倍
【主な実績】
(17年)マンノウォーS1着、プリティポリーS4着
(16年)英チャンピオンS7着

米国芝のマンノウォーSで、GI勝利を挙げるも、
欧州では今一歩の成績。


【馬名】ムーンライトマジック Moonlight Magic 3牡
【厩舎】Jim.S.Bolger(愛国)
【血統】父ケープクロス 母父ラムタラ
【オッズ】26,0倍
【主な実績】
(17年)メルドS(G3)1着、タタソールズゴールドカップ3着
(16年)レパーズタウンダービートライアル(G3)1着、
    エプソムダービー16着、愛ダービー6着、愛チャンピオンS6着

前走メルドSは、オブライエン厩舎のドーヴィルを下し1着。
祖母アーバンシーは凱旋門賞馬、母父は「神の子」ラムタラ
叔父にガリレオシーザスターズがいる超良血馬。


【馬名】ザグレイギャッツビー The Grey Gatsby 5牡
【厩舎】Delmot K Weld(愛国)
【血統】父マスタークラフトマン 母父エントレプルナー
【オッズ】51,0倍
【主な実績)
(16年)プリンスオブウェールズS4着、英チャンピオンS5着
(15年)ドバイターフ2着、プリンスオブウェールズS2着、エクリプスS2着
(14年)ジョッケクルブ賞1着、インターナショナルS2着、愛チャンピオンS1着

3歳時に仏愛でGIを2勝、通算GI2着4回を記録した、
3年前の愛チャンピオンS勝ち馬。
欧州中距離・屈指の実力馬も、3歳時以来、勝ち星から遠ざかっている。
昨年限りの引退方針を撤回し、
愛国・ウェルド厩舎に移籍し、現役を続行したが、
今年3回走ったG3は、いずれも4着以下と、苦しい戦いが続く。


【馬名】タージマハル Taj Mahal 3牡
【厩舎】Aidan O'brien(愛国)
【血統】父ガリレオ 母父ストームキャット
【オッズ】51,0倍
【主な実績】
(17年)セクレタリアトS2着、愛ダービー6着、仏ダービー4着、
    テンセンテナリーS(G3)4着
    レパーズタウン2000ギニートライアル(準重賞)2着
(16年)クリテウムドサンクルー5着

3歳馬にしてキャリアは15戦。
前走は米国芝GIで2着。先行力を武器に、4か国でGIを駆け抜ける。



c?ro=1&act=rss&output=no&id=4428267&name
   海外競馬情報トップページへ
海外競馬の話題が沢山。